「兄さん自身、精神・発達障害を持っているということを忘れないで下さい。」

すごくハイな日々を過ごしたためか、睡眠不足に陥り、体調も優れません。今日はケアマネさんと義兄の家に義次兄のケアプランを持参する予定でしたが、ケアマネさんにお任せしました。

そして、口頭で言っても聞いてくれないだろうから、以下のようなメールを義長兄に出しました。
ーーー
今日は私の体調がすぐれず、ケアマネさんに全面的にお任せしました。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

**兄さんにお願いがあります。
兄さん自身、精神・発達障害を持っているということを忘れないで下さい。
人とのコミュニケーション、物事の捉え方・考え方に、障害の特性が出ています。
本来なら**兄さんに、精神科のデイケアに通っていただき、ご自分のことを学んで欲しいと、私は思っています。
でも、行かれないと思いますので、自分の性格ではなく、自分の障害が今の兄さんを作り出していることをぜひ心に留めておいてください。
今のままのコミュニケーションの仕方なら、周りは離れていきます。機会があれば、図書館で発達障害の本を探してみてください。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
ーーー
このメールを見て、義長兄がどのように感じるか分かりません。おそらく何も感じないでしょう。返事もないと思います。
でも伝えておかないと、兄は「障害の当事者」であることを忘れてしまいます。自ら当事者意識をもつことから、兄が自分のことを自分で理解していけるようにしたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。