「まずはプレーヤーになれよ」

なんでOB/OG(いわゆる団塊の世代以上の方々)って、支援する側に回りたがるんでしょうね。先輩づらしたいんでしょうか。
「まずはプレーヤーになれよ」という能島さんのお言葉、私もその通りだと思います。

能島 裕介さん (龍谷大学)

盟友・河内崇典の応援のために龍谷大学で行われている社会イノベーター公志園に来ています。
なかなか気持ち悪いイベントです。
冒頭に様々な社会問題を示した映像が流れるのですが、そのほとんどは過去の世代が積み重ねてきた結果です。

その尻拭いを若者に託そうという都合のいい高齢者たちが、支援者として若者に関わっています。
もちろん支援しないよりは、支援した方がいいけど、まずは自分たちが過去に積み重ねた過ちを振り返り、過ちを認め、その解決を懇願すべきだと思うのですが。
なんだか支援者の人々が自分たちの過去を忘れ、支援者として、必死で頑張っている若者を上から眺めているような雰囲気を感じます。
もちろん、適切な支援者の方もたくさんおられますが、全体を通してそんな雰囲気を感じる集まりです。
偉そうに支援者になるなら、まずはプレイヤーになれよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。